今もっとも注目される10のAI技術

人工知能(AI)の市場は急速に発展しています。Narrative Science surveyによれば2016年にすでに38%の企業がAIを利用しており、2018年までには62%にまで伸びると予想されています。また、人工知能市場への投資額は2016年に比べて2017年は300%以上増加し、2016年の80億ドルから2020年には470億ドルまで市場が拡大するそうです。

そんな中、Forbesは今もっとも注目される10のAI技術を紹介しています。
http://www.forbes.com/sites/gilpress/2017/01/23/top-10-hot-artificial-intelligence-ai-technologies/#17ea7042def7

1. 自然言語生成
自然言語生成はあるデータから自動で生成します。既にカスタマーサービスの現場でも使われており、レポートの自動生成やビジネスの知見を要約したりします。

2. 音声認識
音声認識は音声から文字を起こしたり、コンピュータへの入力として使われます。音声対話のシステムやスマートフォンでも使われています。

3. バーチャルエージェント
バーチャルエージェントとはチャットボットからさらに進化した人間との対話を目的としたシステムです。例えば、カスタマーサービスやサポートの対応に使われたり、スマートホームのマネージャー(管理人)として使われています。

4. 機械学習プラットフォーム
アルゴリズムやAPI、開発環境、学習ツールや学習データだけでなく、計算機の設計や学習の方法、アプリケーションなどへの適用方法などです。今や幅広い企業で使われています。

5. AIに最適化されたハードウェア
GPUやその他の機器はAIの学習がスムーズにいくように最適化されつつあります。特にディープラーニングに最適なハードウェアが設計されつつあります。

6. 意思決定管理
ルールやロジックをAIに学習させることで、AIが意思決定の補助を行うものです。意思決定管理AIは既に成熟した技術であり、多くの企業で様々な種類の意思決定管理AIが使われています。

7. ディープラーニング・プラットフォーム
機械学習手法の一つであるディープラーニング(深層学習)は多層のニューラルネットワークで構成されたものです。主に画像認識と分類問題に適用され、大量のデータを使って学習していきます。

8. バイオメトリクス
機械と人間の対話を画像や音声、タッチ認識やボディランゲージなどに限定せずに、より自然な対話を実現するものです。主に市場調査で使われています。

9. ロボットによるプロセス自動化
より効率的なビジネスプロセスにするために、人間の行動をロボットで自動化します。例えば人が行うと高価であったり非効率な場所で使われます。

10. テキスト分析と自然言語処理
自然言語処理(NLP)を使用することで、統計学的および機械学習方法を通じて文の構造と意味、感情、および意図の理解などのテキスト分析が可能となります。これにより、例えば詐欺の検出やセキュリティの脅威の検出、様々な人工アシスタント機能で使われています。

いかがでしょうか。今後の市場規模からもAI技術はまだまだ発展し、企業だけでなく家庭でもAI技術があたりまえになる日がくるかもしれません。


0 件のコメント :

コメントを投稿